【LINE@】LINE@とは?LINE・公式LINEアカウントとの違いは?

LINE@は企業が販促や顧客獲得で使うツールの一つ。
今や使っていない企業が無いくらい活用されていますね。

ユーザーに向けて一斉にメッセージを配信したり、クーポンを作成したり、お客様と実際に接することによって、利用可能な機能が豊富なので、通販系ビジネスより店舗系ビジネスで特に使われています。

じゃあ通販では何も有効活用できないの?と思いますがそうではありません。
LINEは世界中の人が使うコミュニケーションアプリとして広く使われているため、
お客様対応で有効活用することができます。

ただLINE@はLINE公式アカウントや普通のLINEなど、様々な種類がありますよね。
そこで本日はこれら3つの違いについてご紹介いたします。

2019年春にLINE@は「LINE公式アカウント」「LINEビジネスコネクト」「LINEカスタマーコネクト」が統合します。

LINE@とLINE、LINE公式アカウントの違いとは?

「LINE@」と「LINE」「LINE公式アカウント」の違いを比較しております。「LINE@」を利用すると、簡単に情報発信を行うことができるので、小さな店舗や自営業の方、ハンドメイド作家さんなどに適しています。また初期費用にも大きな違いがありますので、どれくらいの規模で始めるかを決めた上で、どのツールを使うか決めましょう。

LINE@ LINE LINE公式アカウント
使用用途 ビジネス コミュニケーション
連絡
ビジネス
初期費用 無料 無料 800万円〜
月額費用 5,400円〜
※無料プランも有り
無料 250万円〜
送信相手 お客様 知人 お客様

LINE@とは?

LINE@とは、ビジネスで主に使われる販促ツールの一つ。無料で始めることができるので、だれでも取得可能なものです。お客様に情報を発信することができるので、メルマガの代わりとして使われる企業が多くあります。

国内MAU(利用者数) アクティブ数 利用年齢層
7,800万人以上 85.0%以上 全体の26%が50代以上

またLINE@は利用率の高さや、年齢層の広さから全ての連絡(発送のお知らせや予約内容の変更、商品の入荷など)を行うツールとしても使われています。

LINE@は3つのプランに分かれており、それぞれで使える機能が変わってきます。

フリープラン ベーシックプラン プロプラン
月額費用 無料 5,400円 21,600円
配信可能メッセージ数 ターゲットリッチ数×吹き出し数1,000通まで ターゲットリッチ数5,000人以内は無制限 ターゲットリッチ数100,000人以内は無制限
利用可能機能 リッチメニュー リッチメッセージ 属性に分けてのメッセージ配信

※リッチメッセージについては以下の記事をご覧ください。

【LINE@】リッチメッセージとは?基本的な設定から配信方法などの使い方を完全公開

2018.12.24

LINE@の一般アカウントと認証アカウントの違いは?

LINE@にはプランの違い以外にも、一般アカウントと認証アカウントの違いがあります。認証アカウントを取得するには、LINEの審査が必要となりますので、必ず確認しましょう。

一般アカウント 認証済みアカウント
審査の有無
取得可能な対象 誰でも取得可能 取り扱い商品によって取得不可
メリット 気軽に取得できる LINEアプリ内で検索できる

認証済みアカウントになると、LINEアプリ内での表示回数が増えるので変更できるのであれば認証済みアカウントに変更しておくべきですね。

LINE@で使える機能とは?

LINE@で使うことができる機能は下記の7つ。

1.メッセージ配信
2.タイムライン/ホーム投稿
3.自動応答メッセージ
4.ショップカード
5.クーポン作成
6.アカウントページ
7.統計情報分析

メッセージ配信

基本的な機能の一つ。友達追加をしてくれたお客様にメッセージを配信することが可能です。これは1対1でも一斉送信でも送信は可能です。また通常のLINEのようなメッセージ配信だけではなく、リッチメッセージという機能を配信することも可能。いかに効果的なメッセージを配信するかが鍵となります。

タイムライン/ホーム投稿

友達になってくれていないお客様へも情報発信を行うことができます。また友達追加をしてくれたお客様に対してブランドイメージを伝えることも可能です。私は最近、タイムラインに投稿をどれだけしているかが大切だと感じています。

担当者が返信できないメッセージを自動的に返信してくれる機能になります。返信ができないというのは、時間外の問い合わせやLINEで1対1の対応をしていないなどになります。また特定のキーワードに対して、あらかじめ設定したメッセージを返信することも可能なので、秘密のキーワードを配信して、キャンペーンを行うこともできます。

ショップカード

LINE上でポイントカードを作成することが可能です。ポイントごとにプレゼントの設定を行うこともできますので、リピートの施策に最適な機能となっております。

クーポン作成

店舗型企業向けの機能です。クーポン画面をスタッフに見せることで使用可能になり、その場で使用済みに変更することもできます。

アカウントページ

LINEの中で専用のホームページを持つことができます。またLINEの機能を使うことで、ページ内のコンテンツをカスタマイズすることも可能。ホームページ作成が手間という場合に、利用することができますね。

統計情報

LINEのホーム画面やタイムラインがどれだけ見られているかを分析することができます。また友達追加をしてくれているお客様の簡単な属性
(性別・年齢・地域など)を見ることも可能。プロプランになると、属性ごとにメッセージを配信することもできます。

LINE@の効果的な使い方とは?

その場面にあった情報を発信する

LINE@の最大のメリットは利用率の高さ。また毎日見るお客様が多いという点です。そのメリットを最大限に活かすために、お客様が本当に必要としている情報を発信するように心がけましょう。

お客様が気軽に見ることができるということは、見なくなるというリスクもあります。配信したメッセージが、お客様にとって有益なものと思われるように工夫をし、配信解除(ブロック)を防ぐように心がけましょう。

配信の頻度を考える

気軽に見ることができるので、配信の回数にも気をつけなければなりません。通知もリアルタイムでくるので、毎日毎日通知がくると、億劫だと思われる可能性も。

週に1回を毎月行うようにし、特別に売り出したいものができるまでは、おとなしくLINE@を使うことがコツです。

メリットがわかりやすい文章を配信する

LINE@は画面いっぱいのサイズで画像を送ることもできます。文章だけの送信だけでなく、画像も有効活用し、瞬時にメリットがある文章だと判断してもらえるよう工夫しましょう。

連携ツールを使う

LINE@マネージャーだけではどうしてもできないことがあります。例えば店舗型の企業だと、お客様の予約受付や注文などです。そういったこともお客様が気軽にできるようになると、LINE@のメリットが最大化になります。

まとめ

LINE@は店舗系ビジネスで有効な販促ツールです。最初から有料ではないプランもありますので、気軽に始めることができるという点も魅力の一つですね!ぜひ一度使われてください。

引用:LINE@

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

某通信販売会社で、入社3年目ながらCRM部署の責任者してます。 ネットでCRMのことを調べても難しいことばかり書いており、 あまりタメにならないなと思い過ごした3年間。 3年目のレベルでCRMを伝えていきます。